薬局活用ガイド

賢く薬局を活用するための情報をお届けしていきます。薬を安全に使うために、そして健康づくりのために、あなたにとって「良い薬局」を見つける役に立ちますように。プロフィール:https://bit.ly/3fDAWvz

薬局活用ガイド

賢く薬局を活用するための情報をお届けしていきます。薬を安全に使うために、そして健康づくりのために、あなたにとって「良い薬局」を見つける役に立ちますように。プロフィール:https://bit.ly/3fDAWvz

    マガジン

    • 薬局活用ガイド(基礎編)

      薬局の活用方、お薬の正しい使い方など、基本的なお話しをまとめています。

    • 暮らしの薬学

      私たちが日常的に使っている洗剤やシャンプー、ボディソープ、歯磨き粉、防虫剤や殺虫剤などあらゆる日用品に化学物質が使われていて、実は注意が必要なこともある。薬剤師が科学者の視点で正しい使い方を教えます。

    • 【薬局活用アニメ】薬局へ行こう!

      薬局の活用方法を紹介する動画を作りました。けっこう面白いですよ。 (※薬局関係者の方へ 薬局の待合室などでこの映像を流し、患者さんへの情報提供にご活用下さい)

    • 薬剤師が本音でオススメする市販薬

      体調が悪いとき、病院に行かずに、すぐに買って使える便利な市販薬。 しかし、果たしてその中から自分に合った商品を選べている方はどのくらい居るでしょうか? 薬を買うときは自分で判断せずに、薬局で薬剤師や登録販売者に自分の症状を説明して、商品選びを相談してもらいましょう。 このコーナーでは薬剤師の視点からオススメしたい市販薬を紹介してもらいます。 自分に合った薬を選ぶ参考としてご活用下さい。

    • 薬局とお金の話

      薬局でかかる医療費や保険料などの会計の話、お得な薬の選び方など、ファイナンシャルプランナーで薬剤師のgorisanが様々な角度からわかりやすく解説します。

    記事一覧

    骨粗鬆症になった場合の金額シミュレーション例~薬局とお金の話⑰

    今回は骨粗鬆症の治療にどのくらいの金額がかかるのかについて、薬剤師でありファイナンシャルプランナーでもあるgorisanがシミュレーションし、解説させていただきます。 …

    年末年始の飲み過ぎ食べ過ぎにはこの胃腸薬~薬剤師が本音でオススメする市販薬⑧

    飲む前に、飲む。 …なんて、師走ともなると胃腸薬のCMが流れる季節でしたが、今は昔。 暮れも押しせまり今年もあと残すところ数日。 忘年会とか、皆さんやりましたか? …

    クリニックで受診する場合とOTCで治す場合の比較、どっちがお得?(皮膚炎編)~薬局とお金の話⑯

    調剤薬局で薬をもらう場合と市販薬(OTC)を買う場合、金銭面でメリットがあるのはどちらか?どんなデメリットがあるか?について、薬剤師でありファイナンシャルプランナ…

    発熱症状のある風邪にご注意!~薬剤師が本音でオススメする市販薬⑦

    冷え込みが厳しくなり、昼夜の寒暖差により体調を崩しやすい季節になっています。 感染症も気になるところですし、体調の管理を心掛けたいですね! 薬の専門家である薬剤師…

    高脂血症・脂質異常症になった場合の金額シミュレーション例~薬局とお金の話⑮

    脂質異常症(高脂血症)は代表的な生活習慣病の1つであり、他の生活習慣病の入り口となる可能性がある疾患です。脂質異常症だけでは、肥満など体形に変化があらわれるくら…

    骨粗鬆症になった場合の金額シミュレーション例~薬局とお金の話⑰

    骨粗鬆症になった場合の金額シミュレーション例~薬局とお金の話⑰

    今回は骨粗鬆症の治療にどのくらいの金額がかかるのかについて、薬剤師でありファイナンシャルプランナーでもあるgorisanがシミュレーションし、解説させていただきます。

    骨粗鬆症は、加齢や女性ホルモンの減少など、遅かれ早かれ誰にでも訪れる変化により引き起こされる疾患です。骨密度が低下することで骨がスカスカになり、軽い転倒などでも骨折などの大怪我に至る可能性が高まります。

    そのため、骨粗鬆症の治療

    もっとみる
    年末年始の飲み過ぎ食べ過ぎにはこの胃腸薬~薬剤師が本音でオススメする市販薬⑧

    年末年始の飲み過ぎ食べ過ぎにはこの胃腸薬~薬剤師が本音でオススメする市販薬⑧

    飲む前に、飲む。

    …なんて、師走ともなると胃腸薬のCMが流れる季節でしたが、今は昔。
    暮れも押しせまり今年もあと残すところ数日。
    忘年会とか、皆さんやりましたか?
    去年に続き、あまり大々的な宴会が催されることも減っているのではと思います。

    とはいえ、クリスマスもお正月もあるし、この季節おうちであっても、どうしても飲み食いしちゃいますよね。
    やはり胃腸薬の出番でもあります。

    薬の専門家である薬

    もっとみる
    クリニックで受診する場合とOTCで治す場合の比較、どっちがお得?(皮膚炎編)~薬局とお金の話⑯

    クリニックで受診する場合とOTCで治す場合の比較、どっちがお得?(皮膚炎編)~薬局とお金の話⑯

    調剤薬局で薬をもらう場合と市販薬(OTC)を買う場合、金銭面でメリットがあるのはどちらか?どんなデメリットがあるか?について、薬剤師でありファイナンシャルプランナーであるgorisanが比較させていただきます。

    今回は「皮膚炎」というテーマですが、火傷から感染性湿疹そして乾燥による肌荒れまで幅広い症状があります。火傷や感染性湿疹などは受診が望ましいと考えられますので、今回は乾燥による肌荒れについ

    もっとみる
    発熱症状のある風邪にご注意!~薬剤師が本音でオススメする市販薬⑦

    発熱症状のある風邪にご注意!~薬剤師が本音でオススメする市販薬⑦

    冷え込みが厳しくなり、昼夜の寒暖差により体調を崩しやすい季節になっています。
    感染症も気になるところですし、体調の管理を心掛けたいですね!
    薬の専門家である薬剤師におススメの市販薬をセレクトしてもらうこのコーナー、第7回目のテーマは「発熱症状のある風邪」です。
    それでは、どうぞ。

    ◎今回推薦してくれた5名の薬剤師(小豆田くら子/宇野さらら/日陰ましう/ふらんすぴあの/ゆきつばめ ※仮名・五十音順

    もっとみる
    高脂血症・脂質異常症になった場合の金額シミュレーション例~薬局とお金の話⑮

    高脂血症・脂質異常症になった場合の金額シミュレーション例~薬局とお金の話⑮

    脂質異常症(高脂血症)は代表的な生活習慣病の1つであり、他の生活習慣病の入り口となる可能性がある疾患です。脂質異常症だけでは、肥満など体形に変化があらわれるくらいしか症状はありませんが、放置すると高血圧や糖尿病など他の生活習慣病や動脈硬化などの原因となります。

    そのため、脂質異常症の治療はできる限り早期から取り組む必要があります。もちろん基本となるのは生活習慣の改善、特に食生活の改善です。消費カ

    もっとみる