薬局活用ガイド

賢く薬局を活用するための情報をお届けしていきます。薬を安全に使うために、そして健康づくりのために、あなたにとって「良い薬局」を見つける役に立ちますように。プロフィール:https://bit.ly/3fDAWvz

薬局活用ガイド

賢く薬局を活用するための情報をお届けしていきます。薬を安全に使うために、そして健康づくりのために、あなたにとって「良い薬局」を見つける役に立ちますように。プロフィール:https://bit.ly/3fDAWvz

    マガジン

    • 暮らしの薬学

      私たちが日常的に使っている洗剤やシャンプー、ボディソープ、歯磨き粉、防虫剤や殺虫剤などあらゆる日用品に化学物質が使われていて、実は注意が必要なこともある。薬剤師が科学者の視点で正しい使い方を教えます。

    • 薬局活用ガイド(基礎編)

      薬局の活用方、お薬の正しい使い方など、基本的なお話しをまとめています。

    • 【薬局活用アニメ】薬局へ行こう!

      薬局の活用方法を紹介する動画を作りました。けっこう面白いですよ。 (※薬局関係者の方へ 薬局の待合室などでこの映像を流し、患者さんへの情報提供にご活用下さい)

    • 薬剤師が本音でオススメする市販薬

      体調が悪いとき、病院に行かずに、すぐに買って使える便利な市販薬。 しかし、果たしてその中から自分に合った商品を選べている方はどのくらい居るでしょうか? 薬を買うときは自分で判断せずに、薬局で薬剤師や登録販売者に自分の症状を説明して、商品選びを相談してもらいましょう。 このコーナーでは薬剤師の視点からオススメしたい市販薬を紹介してもらいます。 自分に合った薬を選ぶ参考としてご活用下さい。

    • 薬局とお金の話

      薬局でかかる医療費や保険料などの会計の話、お得な薬の選び方など、ファイナンシャルプランナーで薬剤師のgorisanが様々な角度からわかりやすく解説します。

    記事一覧

    薬局活用ブックガイド~2022.12月

    2022年ももうすぐ暮れてゆきます。今年も色々ありました。 さて、薬のことや薬局のことについて理解を深められる本を、新旧問わずセレクトしてご紹介していくコーナー第2回…

    0

    暮らしの薬学【入浴剤】~④入浴の効果について

    冬至には、ゆず湯に入ると風邪をひかないと言う習わしがありますよね。ゆずは生のままお風呂に浮かべますが、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果もあると考…

    0

    暮らしの薬学【入浴剤編】~③入浴剤の選び方と使い方

    ミズホ「パパは、爽快感のあるクールな入浴剤が好きだけど、私は、からだが温まるほうがいいな。子供たちは肌荒れがあるから、スキンケアできる入浴剤がいいし・・・。お風…

    1

    暮らしの薬学【入浴剤編】~②入浴剤の種類とその効果

    入浴剤には、いろいろな成分があって、それぞれに肌をしっとりさせたり香りを楽しんだり、リラックスした気分になったりさせてくれます。「●●温泉」とかかれた入浴剤もあ…

    0

    暮らしの薬学【入浴剤編】~①入浴剤とは

    ミズホ「寒い、寒い、夕ご飯を作っていたら足元が冷えちゃった。ご飯食べて片づけたらあったかいお風呂にあったまりたいなぁ~。手足のぽかぽかが寝る時まで続いてくれると…

    2

    お薬、お届けします

    さまざまな事情で薬局に行くことが困難な方はいらっしゃいませんか? 高齢や身体上の問題で通院が困難な方、自宅で療養している方、お薬の管理に困っている方を対象に、薬…

    1
    薬局活用ブックガイド~2022.12月

    薬局活用ブックガイド~2022.12月

    2022年ももうすぐ暮れてゆきます。今年も色々ありました。
    さて、薬のことや薬局のことについて理解を深められる本を、新旧問わずセレクトしてご紹介していくコーナー第2回。
    まずはこの本からご紹介します。

    阿部 和穂
    『薬の名前には意味がある』
    薬事日報社 2022年12月刊行

    処方される薬には名前がありますよね。
    市販薬だったりするとCMで連呼してたりして覚えてたりするけど、処方薬はカタカナだら

    もっとみる
    暮らしの薬学【入浴剤】~④入浴の効果について

    暮らしの薬学【入浴剤】~④入浴の効果について

    冬至には、ゆず湯に入ると風邪をひかないと言う習わしがありますよね。ゆずは生のままお風呂に浮かべますが、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果もあると考えられています。これも入浴剤の一つですね。

    入浴による3つの効果
    入浴剤の成分でいろいろな効果がもたらされる(参照:③入浴剤の選び方と使い方)ことがよくわかりましたね。そもそも、お風呂に入る、あたたかいお湯に浸かることにより体にどんな作用

    もっとみる
    暮らしの薬学【入浴剤編】~③入浴剤の選び方と使い方

    暮らしの薬学【入浴剤編】~③入浴剤の選び方と使い方

    ミズホ「パパは、爽快感のあるクールな入浴剤が好きだけど、私は、からだが温まるほうがいいな。子供たちは肌荒れがあるから、スキンケアできる入浴剤がいいし・・・。お風呂が1つだと入浴剤を選ぶのが困るわ~」

    目的にあわせて入浴剤を選ぼう!ミズホさんのように、入浴剤はたくさん種類があって、どれにしようか迷いますよね。好みの色や香りもあるでしょう。それからお風呂のタイプで入れられるかどうかも考慮しないといけ

    もっとみる
    暮らしの薬学【入浴剤編】~②入浴剤の種類とその効果

    暮らしの薬学【入浴剤編】~②入浴剤の種類とその効果

    入浴剤には、いろいろな成分があって、それぞれに肌をしっとりさせたり香りを楽しんだり、リラックスした気分になったりさせてくれます。「●●温泉」とかかれた入浴剤もあって、お風呂に入って旅行気分も味わえますね。

    入浴剤にはどんな種類があるの?入浴剤には配合される成分により、無機塩類系、炭酸ガス系、薬用植物(生薬)系、酵素系、清涼系、スキンケア系に大きく分類され、それぞれ期待される効果があります。

    Q

    もっとみる
    暮らしの薬学【入浴剤編】~①入浴剤とは

    暮らしの薬学【入浴剤編】~①入浴剤とは

    ミズホ「寒い、寒い、夕ご飯を作っていたら足元が冷えちゃった。ご飯食べて片づけたらあったかいお風呂にあったまりたいなぁ~。手足のぽかぽかが寝る時まで続いてくれると嬉しんだけどなぁ。」
    薬剤師ナナコ「これからの寒い季節にあったかいお風呂いいですね~。でも寝るときにはすっかり手足が冷えちゃって寝付けなかったりするのよね。ミズホさん、入浴剤使ったことある?あらためて入浴剤の種類とか、特徴について勉強しまし

    もっとみる
    お薬、お届けします

    お薬、お届けします

    さまざまな事情で薬局に行くことが困難な方はいらっしゃいませんか?
    高齢や身体上の問題で通院が困難な方、自宅で療養している方、お薬の管理に困っている方を対象に、薬剤師がご自宅を訪問するサービスがあります。
    そしてお薬をお届けするとともに、薬物療法をサポートする取組みです。

    ご自宅で服薬している中で、薬の管理がうまくできない方にもオススメです。
    ・飲み残しが多くなってしまっている
    ・薬を飲んだかどう

    もっとみる