薬局活用ガイド(基礎編)

5

なぜ、薬は一日に何回も飲まなければならないの?

一日に何回かに分けて飲む理由口から飲んだお薬は腸で吸収されて血液に溶け、患部に運ばれて作用します。お薬を効くようにするには、ちょうど血液の中に薬が解ける濃度を最適にコントロールすることが重要なのです。そのために、一日何回かに分ける、などの「用法」と、一回に飲む「用量」が決められているのです。

決められたタイミングに飲むことで、薬の効果が持続するのです。

ではここで血中濃度コントロールについて解

もっとみる