薬局活用ガイド(基礎編)

5

薬の効くメカニズム

「病原菌を抑える」「症状を和らげる」・・・一般的によく使われる飲み薬は、口から飲み込んだ後、腸管から吸収されて血液とともにからだの中を運ばれ、患部に届いて作用します。

おくすりの体内大冒険 ~薬が患部に届くまで~
順序としては次のような課程です。

1、 口から飲み込む
2、 胃を通過
3、 腸で吸収
4、 血管から患部へ
5、 肝臓で代謝
6、 腎臓から尿で排泄

では、「薬が効くまでの過程が

もっとみる
御礼申し上げます