マガジンのカバー画像

暮らしの薬学

25
私たちが日常的に使っている洗剤やシャンプー、ボディソープ、歯磨き粉、防虫剤や殺虫剤などあらゆる日用品に化学物質が使われていて、実は注意が必要なこともある。薬剤師が科学者の視点で正… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

暮らしの薬学【衣類用洗剤・洗浄編】~④合成洗剤の環境問題

ミズホ「洗濯のたびにたくさんの水とたくさんの洗剤を使っているのよね~。我が家も多い時は…

暮らしの薬学【衣類用洗剤・洗浄編】~③洗剤の選び方と洗い方

汚れがひどいときは洗剤だけできれいに落ちるのかなぁと心配になりますよね。汚れや衣類の生地…

暮らしの薬学【衣類用洗剤・洗浄編】~②衣類用洗剤の成分

衣類用洗剤はただ、汚れをおとすだけでなくて、タオルをふんわり仕上げたり、いい香りを放った…

暮らしの薬学【衣類用洗剤・洗浄編】~①衣類がきれいになるメカニズム

ミズホ「子供たちっていろんなところで服を汚してくれるのよね~、セーターやズボンとか、汚れ…

暮らしの薬学【家庭用洗剤・除菌/漂白編】~④家庭内の感染対策

漂白剤にも除菌効果があるっていうけど、消毒用アルコールとかそれに洗剤とかどう使い分ければ…

暮らしの薬学【家庭用洗剤・除菌/漂白編】~③漂白剤の選び方と注意事項

漂白剤の選び方家の中で漂白剤というと台所用ふきんや湯飲みの茶渋を取るために使うイメージで…

暮らしの薬学【家庭用洗剤・除菌/漂白編】~②除菌/漂白成分の種類と性質

家庭で使用する漂白剤の除菌効果とは? 漂白剤とは汚れやシミなどの色素、有機物を酸化反応によって分解させるはたらきがある成分のことをいいます。衣類の汚れやシミに使用する漂白剤については、暮らしの薬学【衣類用洗剤・漂白編】で紹介しますが、ここでは、住空間で使用する漂白剤についてどんなものがあるか、またそれを使って除菌をするということについて説明します。 住空間で使用する漂白剤には、品名にもあるように“台所用”“トイレ用”“カビ取り”などがあります。衣類用の場合も、その成分は共

スキ
1

暮らしの薬学【家庭用洗剤・除菌/漂白編】~①除菌・漂白とは

毎度ご覧いただき、ありがとうございます。 薬局活用ガイド編集部のミズホです。 「暮らしの薬…

暮らしの薬学【家庭用洗剤・洗浄編】~④洗剤の選び方

食器を洗うときには、台所用洗剤、トイレや床、窓をきれいにするときにも・・・それぞれに専用…

暮らしの薬学【家庭用洗剤・洗浄編】~③洗剤の成分、分類

界面活性剤のことがわかったところで界面活性剤にどんな種類があるか、合成洗剤とか石けんとか…

暮らしの薬学【家庭用洗剤・洗浄編】~②界面活性剤とは

今回は、洗剤が汚れを落とすときに威力を発揮する「界面活性剤」について説明します。 界面活…

暮らしの薬学【家庭用洗剤・洗浄編】~①洗浄とは

毎度ご覧いただき、ありがとうございます。 薬局活用ガイド編集部のミズホです。 これから先、…

暮らしの薬学【歯磨き剤編】~④歯磨き剤の選び方、成分

歯磨き剤はたくさんあって選ぶのに迷いますね。 どんな成分が入っていてどんなタイプが自分に…

暮らしの薬学【歯磨き剤編】~③歯周病と全身疾患

歯周病は、口の中だけの病気でなく、糖尿病や誤嚥性肺炎など身体の病気に関連があると言われています。たかが歯周病と侮れませんね。 歯周病と糖尿病 歯周病と糖尿病との関係についてお話ししましょう。糖尿病になると口内の血流も悪くなり、唾液の分泌も減って歯周病菌への防御力が弱くなってしまい歯周病を発症したり悪化したりします。逆に歯周病があると、炎症を抑えようとして免疫細胞からサイトカインと言う物質が作られ血液によって全身に運ばれるとインスリンの働きを邪魔してしまい糖尿病を悪化させて

スキ
1