薬局活用ガイド

賢く薬局を活用するための情報をお届けしていきます。薬を安全に使うために、そして健康づくりのために、あなたにとって「良い薬局」を見つける役に立ちますように。プロフィール:https://bit.ly/3fDAWvz

薬局活用ガイド

賢く薬局を活用するための情報をお届けしていきます。薬を安全に使うために、そして健康づくりのために、あなたにとって「良い薬局」を見つける役に立ちますように。プロフィール:https://bit.ly/3fDAWvz

    マガジン

    • 薬局活用ガイド(基礎編)

      薬局の活用方、お薬の正しい使い方など、基本的なお話しをまとめています。

    • 暮らしの薬学

      私たちが日常的に使っている洗剤やシャンプー、ボディソープ、歯磨き粉、防虫剤や殺虫剤などあらゆる日用品に化学物質が使われていて、実は注意が必要なこともある。薬剤師が科学者の視点で正しい使い方を教えます。

    • 【薬局活用アニメ】薬局へ行こう!

      薬局の活用方法を紹介する動画を作りました。けっこう面白いですよ。 (※薬局関係者の方へ 薬局の待合室などでこの映像を流し、患者さんへの情報提供にご活用下さい)

    • 薬剤師が本音でオススメする市販薬

      体調が悪いとき、病院に行かずに、すぐに買って使える便利な市販薬。 しかし、果たしてその中から自分に合った商品を選べている方はどのくらい居るでしょうか? 薬を買うときは自分で判断せずに、薬局で薬剤師や登録販売者に自分の症状を説明して、商品選びを相談してもらいましょう。 このコーナーでは薬剤師の視点からオススメしたい市販薬を紹介してもらいます。 自分に合った薬を選ぶ参考としてご活用下さい。

    • 薬局とお金の話

      薬局でかかる医療費や保険料などの会計の話、お得な薬の選び方など、ファイナンシャルプランナーで薬剤師のgorisanが様々な角度からわかりやすく解説します。

    薬局活用ガイド(基礎編)

    薬局の活用方、お薬の正しい使い方など、基本的なお話しをまとめています。

    すべて見る
    • 14本

    医薬品の分類

    医師の発行した処方箋がないと受け取れない(購入できない)薬。 片や、薬局やネットで自由に選んで購入できる薬。 この差はどこにあるのでしょう?そしてどのような背景があるのか、はっきりご存じない方も多いと思います。 現在の日本の制度上、医薬品は大きく分けると医療用医薬品と一般用医薬品に分類されます。 医療用医薬品は作用も強く、間違った使い方によるリスクもあるため、医師の診断と処方箋が必要なお薬です。 ※医療用医薬品は基本的に医師の処方が必要な「処方箋医薬品」が大半ですが、一部

    副作用について知っておきたいこと

    薬を服用することで「副作用」が起こることがある、と聞いたことがあると思います。 病気や体調を改善するはずが、思わしくない状態になってしまうことで、不安に思う方も居ると思います。 しかし、副作用を恐れるあまりに服用を中止したり自己判断で決められた量より少なく使うということで治療効果がなくなってしまうことにもなります。 ここでは副作用についてご説明しますので、副作用を恐れず正しく服薬することの必要性を学んで頂ければと思います。 薬の主作用と副作用薬を服用すると、薬の成分が腸から

    スキ
    1

    “医薬分業”って何ですか

    「病院での診察が終わり、処方箋を出されて、こんどは薬局に行って薬を出してもらわないといけない。今日は病院も混んでいて、診察予約したのに結局長く待たされたな。ようやく終わったと思ったら、また薬局でも待たされるのか… どうして病院でそのまま薬を出してもらえないんだろう?」 そんなことを考えたことはありませんか? 数十年前は、病院やクリニックで診察後にそのまま薬を出してもらうケースが多かったので、その頃を覚えている方は特にそんなことを思い出すかもしれません。 しかし本来、医師

    処方箋がなくてもご利用できます

    医師の診察を受けた後で、処方箋をもって薬局へ薬を受取りに行きます。 では、薬局は処方箋が無いと入ってはいけない場所なのでしょうか? そう思い込んでいる方も多いと思いますが、実はそんなことはありません。 地域に密着した薬局は近隣の医療機関について詳しい情報を持っていますし、医師にかかる前に健康上についてもアドバイスしてもらうことができます。 薬局は、健康について相談できる一番身近で確かな窓口なのです。 食生活、健康食品で気をつけることは 今飲んでいる薬と併せて、栄養相談や健

    スキ
    1

    暮らしの薬学

    私たちが日常的に使っている洗剤やシャンプー、ボディソープ、歯磨き粉、防虫剤や殺虫剤などあらゆる日用品に化学物質が使われていて、実は注意が必要なこともある。薬剤師が科学者の視点で正しい使い方を教えます。

    すべて見る
    • 37本

    暮らしの薬学【からだ用洗剤・ケア編】~④コロナ対策、食中毒対策

    ミズホ「家族がコロナにかかったりしないか、作った食事で食中毒とかしないか、いつも気にしているけど、いつもやっているやり方でちゃんと予防できているのかな」 薬剤師ナナコ「家族が毎日健康で過ごせるようにとミズホさんいつも頑張ってますね。洗剤について6回シリーズでいろいろな情報をお伝えしたので、ちゃんと予防対策の知識もついているはず。自信を持って!!あとは実践あるのみです」 家族みんなで楽しく食事をするってとても楽しいですね。でも、このご時世、食事が感染リスクになることも忘れない

    暮らしの薬学【からだ用洗剤・ケア編】~③手洗い

    手を洗う、手指を消毒するということご飯を食べる前の手洗いは、手に目に見えない細菌やウイルスがついたまま食事をすることで食中毒の原因となることを防止するため、大事な習慣です。コロナが流行してからは、手洗いだけでなく、手指の消毒をする習慣が定着したのですが、洗剤や石鹸、そして消毒剤はコロナ流行以前とかわっているのでしょうか。次に手洗いに使う石鹸や消毒剤について説明しましょう。 手の細菌やウイルスは、まずは正しく手を洗うことで手から離れていきます。その時に使用する石けんや洗剤はこれ

    スキ
    5

    暮らしの薬学【からだ用洗剤・ケア編】~②洗浄後のケア

    洗った後のスキンケアが大事!毎日、体を洗っているし、“薬用”と名のつく製品も使っているのに、体臭やフケが気になる、かゆみやニキビなどができてしまう・・・そんなお悩みありますよね。 そんな時は、まず体や髪を正しく洗っているか見直してみましょう。それから、洗浄後のケアがちゃんとできているかを確認してみましょう。 “正しい体の洗い方”については、【からだ洗剤・洗浄編】「シャンプーの仕方」、「正しい洗顔方法」をご参照ください。 洗浄のポイントは、ボディソープ、洗顔フォームそしてシャ

    スキ
    2

    暮らしの薬学【からだ用洗剤・ケア編】~①体を清潔にする

    ミズホ「小学生の子供は給食の前に必ず手洗い、うがいしてからいただきます!ってやっているみたいだけど、中学生の子供は、教室でお弁当食べるまえに、手を洗ったり、うがいしているのかしら?そういえば、自分が高校生の時、毎回うがいしたり、手を洗ったりしてたかなぁ~?体育のあととか・・・・?」 薬剤師ナナコ「ある調査では、小学生、中学生、高校生と学年が上がるにつれて食事前の手洗いができなくなっているとのこと。各教室の前に手洗い場所がある小学生とは物理的に手洗いがしにくい環境にあるかもし

    【薬局活用アニメ】薬局へ行こう!

    薬局の活用方法を紹介する動画を作りました。けっこう面白いですよ。 (※薬局関係者の方へ 薬局の待合室などでこの映像を流し、患者さんへの情報提供にご活用下さい)

    すべて見る
    • 12本
    再生

    【アニメ】薬局へ行こう! 第12話「オンライン服薬指導」

    令和4年4月から本格的に実施可能となった「オンライン服薬指導」。 服薬指導というのは薬局の窓口で薬を受け取る際に薬剤師から説明を受け、服用について相談することを指しますが、これからはスマホやパソコン画面を通じて実施することができるようになります。 薬局で直接相談出来る対面の良さもありますが、オンラインだからこその利便性もあります。 より良く適切な医療を受けるためうえで、賢く使い分けていきましょう。 ◆第12話◆ 【出演】 若い男 子連れのママ 高齢の男 グー子(薬剤師) 【あらすじ】 「オンライン服薬指導はじめました」。 薬局に貼り出された紙。 それって何? 薬局に行かなくても、ネットを介して薬剤師から服役指導を受けることができて、しかも薬も自宅まで届けてもらうことができるなんて。 例えば小さな子どもを連れたママさんにとっては、病気で具合が悪い子を連れて診察にいって、さらに薬局で待たされるのは本当に大変。 待合室でさらに他の感染症にかかるリスクもあるし… でもオンライン服薬指導なら、その苦労から解放されます。 自宅から薬剤師さんとオンライン通話するほうが落ち着いて薬の相談ができそう! これって、なかなか便利じゃない? ©2022 薬局へ行こう!製作委員会

    再生

    【アニメ】薬局へ行こう! 第11話「服用期間中も安心です」

    薬局で受け取るお薬。薬の種類によっては、服用した後の体調の変化や副作用への注意が必要です。 また服用する人の生活環境や体質によっても薬の服用を継続しても問題が無いかどうか、経過観察が必要な場合があります。 そのような方には薬剤師から患者さんに電話やスマホアプリなどを通じて連絡を入れて状況を確認するサービスを行っています。 ◆第11話◆ 【出演】 高齢の女性 子連れのママ グー子(薬剤師) 【あらすじ】 いつもの薬局で薬を受け取った女性。しかし今回は医師の判断で飲む薬を変えることになった。初めて飲む薬に不安を覚える彼女。もしかすると副作用が起こるかもしれないし… そんな彼女の様子を見越して、薬剤師のグー子は服薬中の状況を見守るために電話でフォローアップしてくれるという。 ©2022 薬局へ行こう!製作委員会

    スキ
    1
    再生

    【アニメ】薬局へ行こう! 第10話「お薬お届けします」

    高齢や身体上の事情で通院できない方や自宅で療養している方や、多くの薬を使っていて管理に困っている方などを対象に、薬剤師が訪問して薬物療法をサポートするサービスがあります。 飲み残しの薬がたまってどうしていいか困っている方、忘れずに服用するための相談にものってもらえます。 かかりつけの薬局に相談してみましょう。 ◆第10話◆ 【出演】 女性 高齢のおとうさん グー子(薬剤師) 【あらすじ】 彼女は、離れて暮らしている父のことを気に掛けていた。 別居することを選んだものの、親ももう高齢だし、何があるか分からないので心の奥底に引っかかるものを感じていた。 そんな彼女が心配なことは、最近父が薬を飲み残しているらしいということ。 たまに顔を出しに行くと大量の残薬があるのが気になっていた。 いつも世話になっている薬剤師にそのことを打ち明けると、居宅訪問して様子を見てくれるという。 ©2022 薬局へ行こう!製作委員会

    スキ
    1
    再生

    【アニメ】薬局へ行こう! 第9話「市販薬の選び方」

    市販薬は薬局やネットで自由に買える便利さがありますが、製品はそれぞれ配合された成分や効き目の特徴も違います。 使う人の体質との相性や、副作用が起きる可能性もあり自己判断で選ぶことにはリスクがあるのです。 自分に合った適切な薬を購入するには、専門家に選んでもらうことが大切です。 ◆第9話◆ 【出演】 男性A 女性A 男性B 女性B グー子(薬剤師) 【あらすじ】 さあ、始まりました。 おくすりに関する問題を出題するクイズ番組「お薬ドン!」。 「市販薬の正しい選び方は?」という出題に回答者たちは珍答、迷答を連発し… ©2021 薬局へ行こう!製作委員会

    スキ
    1

    薬剤師が本音でオススメする市販薬

    体調が悪いとき、病院に行かずに、すぐに買って使える便利な市販薬。 しかし、果たしてその中から自分に合った商品を選べている方はどのくらい居るでしょうか? 薬を買うときは自分で判断せずに、薬局で薬剤師や登録販売者に自分の症状を説明して、商品選びを相談してもらいましょう。 このコーナーでは薬剤師の視点からオススメしたい市販薬を紹介してもらいます。 自分に合った薬を選ぶ参考としてご活用下さい。

    すべて見る
    • 13本

    つらい花粉の季節、飲み薬で乗り切ろう~薬剤師が本音でオススメする市販薬⑫

    薬の専門家である薬剤師におススメの市販薬をセレクトしてもらうこのコーナー。 花粉症持ちには本当に辛いシーズンですので、今回も花粉症対策ということで、前回の点眼薬、点鼻薬に続き、今回は内服薬。 最近では、医療用だった薬と同じ成分の製品が次々と市販薬化されていて、効き目のしっかりした薬が店頭で買えるようになりました。 色々種類有るけど、それぞれ特徴は? 今回も5人の薬剤師から、オススメの市販薬をお聞きしました。 ◎今回推薦してくれた5名の薬剤師(小豆田くら子/宇野さらら/日陰

    スキ
    3

    花粉症で鼻もかゆい!ヒドい鼻水!~薬剤師が本音でオススメする市販薬⑪

    薬の専門家である薬剤師におススメの市販薬をセレクトしてもらうこのコーナー。 花粉症対策ということで、前回の点眼薬に続き、今回は点鼻薬です。 いよいよこの季節ど真ん中に突入ですね。花粉が飛んで症状が酷い… とお悩みの方も多いと思います。 耳鼻科クリニックの前にも長い列ができているのを見かけます。 待合室が密になるのを避けているのだと思いますが、外で待っている間にも非情にも花粉は降り注ぐ… 最近では、医療用だった薬と同じ成分の製品が次々と市販薬化されているので、診療と併せて上手

    スキ
    7

    花粉症で目がかゆい!そんなときの点眼薬~薬剤師が本音でオススメする市販薬⑩

    薬の専門家である薬剤師におススメの市販薬をセレクトしてもらうこのコーナー。 今回から3回連続で花粉症対策をテーマにご紹介していきます。 いよいよ花粉のシーズンに突入しましたよね… つらいですよね… まあ、筆者は花粉症ではないのでどのようにつらいのかが分からないんですけれども。 今回とりあげるのは花粉症によるつらい目のかゆみ、に使いたい目薬です。 今回も5人の薬剤師さんから、数ある商品群の中からオススメをお聞きしました。 では、どうぞご覧下さい。 ◎今回推薦してくれた5名の

    スキ
    7

    咳が止まらない、そんなときには~薬剤師が本音でオススメする市販薬⑨

    薬の専門家である薬剤師におススメの市販薬をセレクトしてもらうこのコーナー、第9回目のテーマは「止まらない咳」に効く薬です。 以前、喉の痛みについて取り上げましたが、咳も長引くと辛いものです。 今回も数ある商品の中からオススメをお聞きしました。 ◎今回推薦してくれた5名の薬剤師(小豆田くら子/宇野さらら/日陰ましう/ふらんすぴあの/ゆきつばめ ※五十音順) 今回は挙げて頂いた商品が見事にかぶりませんでしたので、一人二品目、全10製品紹介します。それではいってみよう! カン

    スキ
    5

    薬局とお金の話

    薬局でかかる医療費や保険料などの会計の話、お得な薬の選び方など、ファイナンシャルプランナーで薬剤師のgorisanが様々な角度からわかりやすく解説します。

    すべて見る
    • 22本

    4月から始まったリフィル処方とは?~薬局とお金の話㉒

    2022年の4月の診療報酬改定に伴い、公的保険や患者の負担する医療費にも幾つか変更点が現れますが、今回は「リフィル処方」という制度が新たに追加されました。このリフィル処方について、私gorisanが薬剤師とファイナンシャルプランナーの立場から解説させて頂きます。 リフィル処方とは? リフィル処方とは、2022年4月より始まる制度であり、処方せんを繰り返し使用できるようにすることで、病院で受診を受けなくても薬局へ行くだけで薬がもらえるという制度です。 症状の安定している慢性

    スキ
    4

    お薬代を増やさないためには~ポリファーマシーの金銭的な損失~薬局とお金の話㉑

    ポリファーマシー(多剤併用)とは、必要以上に多くの薬を飲んでしまっている状態のことで、目安としては6種類以上の薬を飲んでおり、そのうちいくつかの薬が飲む必要のない薬であるといったケースです。 このポリファーマシーは、医療費の大半が保険制度によって賄われている日本においては大きな問題です。個人の収支を考える上でも意識すべき問題について薬剤師でありファイナンシャルプランナーでもあるgorisanが解説させていただきます。 〈ポリファーマシーが招く医療費増加~社会問題に〉 ポリフ

    スキ
    3

    認知症治療の金額シミュレーション例~薬局とお金の話⑳

    今回は認知症の治療にどのくらいの金額がかかるのか、薬剤師でありファイナンシャルプランナーでもあるgorisanがシミュレーションし、解説させていただきます。 認知症は、医学の発展や生活レベルの向上に伴い寿命が伸びたことで増えてきた疾患です。若年性アルツハイマーなど若い年代から発症することもありますが、基本的には高齢者に多い疾患です。 程度に差はありますが、加齢により遅かれ早かれ誰にでも訪れる変化により引き起こされる疾患です。問題なのはその変化が60代で起きる人もいれば10

    スキ
    2

    クリニックで受診する場合とOTCで治す場合の比較、どっちがお得?(花粉症編)~薬局とお金の話⑲

    調剤薬局で薬をもらう場合と市販薬(OTC)を買う場合は、どちらが金銭面でお得か?どのようなメリットとデメリットがあるか?について薬剤師でありファイナンシャルプランナーでもあるgorisanが比較検討させていただきます。 さて今回のテーマである「花粉症の薬」ですが、基本的に調剤薬局で薬をもらったほうが圧倒的にお得です。これは花粉症を市販薬だけで短期間で完治させることが不可能に近く、花粉症の薬のコストが比較的高いからという理由です。 市販されている花粉症の薬は、花粉症の症状を

    スキ
    1