見出し画像

服用期間中も安心です

薬局活用ガイド

病気や体調のことで診察を受け、そのあと薬局に行って薬を受け取り、帰宅。
医師や薬剤師は薬を服用するときの注意事項を教えてくれた。
しかし、私たちの不安は帰宅後、薬を服薬している間にありませんか。
本当に効くのだろうか、治るのだろうか。
前に飲んでいた薬が変わって、なんだか調子がおかしい気がする、など。

2020年に法律が変わり、服薬中の患者の状況を薬局の薬剤師がフォローすることが義務づけられました。

薬局は、患者のために調剤した薬剤の使用状況や、併用している薬、生活環境などを把握し、薬に関する知識・情報に基づいて、適正に使えるように様子を確認することが義務づけられました。
(薬局による「患者フォローアップ」と呼ばれています)

薬剤師が見てフォローする必要があると判断した患者には電話などの連絡手段で、服用を継続して問題が無いかどうか、経過観察してくれることになります。

フォローアップの対象になるのは、薬の種類や患者さんの状態によります。
特に次のような場合に薬剤師からの確認を受けることになります

初めての薬を服用する場合

例えば処方が変更になり、はじめての薬を服用することになった場合、アレルギー反応など副作用が出る可能性があり、服薬中の経過の確認が必要です。

ハイリスク薬を服用する場合

医療用医薬品にはハイリスク薬と分類される薬があります。
ハイリスク薬は、安全に使う上で注意が必要な薬なので、効果はどうか、副作用が出ていないかどうかの確認が必要です

ハイリスク薬とは、次のようなカテゴリーの薬です。
抗悪性腫瘍剤/免疫抑制剤/不整脈用剤/抗てんかん剤/血液凝固阻止剤/ ジギタリス製剤/テオフィリン製剤/カリウム製剤(注射薬に限る)/精神神経用剤/糖尿病用剤/膵臓ホルモン剤/抗HIV薬 など

肝機能や腎機能が低下している人の場合

肝機能、腎機能が低下している人の場合、薬の成分をうまく排出できないので、効き過ぎて副作用が出る場合があります
服用している量が適切かどうか、体調の確認が特に必要です。

その他、薬局として患者の事情に応じて状況を確認したい要素

ほかにも患者さんの服薬状況を確認する場合には様々なケースがあります。
個人個人で事情や状況も違うため、その都度、薬剤師が総合的に判断します

・薬の飲み合わせに注意が必要な場合
・摂取している健康食品や嗜好品(酒・タバコなど)との関連
・アレルギー歴や副作用歴がある場合
・吸入薬の器具など使い方にコツがいる場合
・原疾患、既往歴、合併症や治療中の疾患がある場合

薬局から患者への連絡方法について

電話以外にも、最近は薬局と患者との連絡用に使われるスマートフォンの専用アプリや、メール、LINEなどの普通のチャットアプリを活用するような仕組みが整ってきています。

このようにお薬の服薬期間中に確認する必要あると判断した患者さんには、薬剤師から連絡する仕組みになっていますが、
もちろん、皆さん自身が服用している薬について不安があれば、気軽に相談してみてください。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!