見出し画像

お薬、お届けします

薬局活用ガイド

さまざまな事情で薬局に行くことが困難な方はいらっしゃいませんか?
高齢や身体上の問題で通院が困難な方、自宅で療養している方、お薬の管理に困っている方を対象に、薬剤師がご自宅を訪問するサービスがあります。
そしてお薬をお届けするとともに、薬物療法をサポートする取組みです。

ご自宅で服薬している中で、薬の管理がうまくできない方にもオススメです。
・飲み残しが多くなってしまっている
・薬を飲んだかどうか分らない(忘れてしまう)ことが多い
・薬の種類が多い
・実際に薬の効果が出ているかどうかが分らない
という方をサポートします。

薬剤師が訪問することで、こうした悩みの解決に対応します。

飲み残した薬(残薬)を回収して、医師と相談して使える薬だけを再度整理してお渡ししたり、薬を飲む順番をポケット付きカレンダーにセットして飲み忘れや飲み間違いをしないような工夫をしたり、または薬の副作用が出ていないか、体調の変化について確認を取る事も致します。

薬剤師がお宅に訪問して、患者さんの生活の場を直接見ることで、患者さんの健康状態を把握し、そして薬物治療上の課題を解決することができます。
(医療関係者の用語では居宅療養管理指導と呼んでいます)

またこうした業務は往診している医師や介護のケアマネジャーからの依頼で行なうこともあります。
自宅で療養している患者さんに対して、薬剤師もチーム医療の一員としてサポートします。

これを読んで気になったか方は、ぜひ薬局に相談してみて下さい。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!